Welcome to my blog

失業保険にサプライズが!コロナで失ったモノと得たモノ

GOGO左衛門

GOGO左衛門

 前回、久しぶりの更新をさせていただいたのですが2019年末からちょっと色々あやしくなってきて結局購入したMyパソコン「MacBook Air2019」も売っ払う結果になってしまいこの7月末までパソコン無し生活が続いていました。

一年間働いていた会社も年末退職しまさかのコロナ騒ぎになり2月あたりから段々世の中がおかしくなり3月にはあちこちでコロナの影響が出始めて来た。ワシは退職後、失業保険が適応されるので離職票が届いた1月頭に申請し待機期間を経て3月末から支給されることになっていた。
認定日も過ぎいよいよ支給開始になる頃には感染者数も増え続けまさかの緊急事態宣言まで発令され一気に何もかも変わってしまったのは皆さんご存知のとおりですね。
不幸中の幸いで失業保険を手にし、色々問題だらけだった「特別定額給付金」もあり金銭面で悲鳴を上げることは無かった。しかもこれまた不謹慎だが嬉しい出来事が。。。
失業保険は最低1年の雇用保険を掛けていなければ適応されず貰えない。自己都合の場合支給まで3ヶ月要する。だいたいマックス90日間。金額は貰っていた給料の金額で算出される。

ワシの場合、90日で金額は1日5700円前後だった。この90日というのは一気に90日分支給という訳ではなく認定日から翌月の認定日までの日数で支給されるのである。
その為マックスでも33日分で初回は大体30日〜33日分で段々少なくなっていく感じである。なので初回は大体5700(仮)×33日=188100円という計算になる。

順調に支給が続いた6月の認定日、残り支給日数「残20日」となっていたワシにまさに奇跡の出来事が!認定日のその日、いつもと同じように必要書類を提出箱に入れ呼ばれるのを待つ。
名前を呼ばれ席についていつものように簡単な質問や次回認定日の事を聞いていると。。。

「○○さん、該当すると思うのでいくつか質問させてもらいますね〜」
「?」よく聞こえなかったが担当者手元に質問事項が10項目くらい記載されているプリントが。
聞かれたことは本当に簡単で今の現状(コロナで再就職が難しいことなど)程度
「では、、、該当しますので60日MAXにまりますね
「!!!!!!!!」
「コロナの為に再就職が困難ということで失業保険延長支給が適応されます」
驚きと嬉しさとなんだかよくわからない感情で動揺しているワシに提示されたのは支給変更確認用紙。そこには。。。

・残支給日数20日、延長支給日数60日。総支給日数80日

まさにマンガ、目ん玉ビヨ〜ンである。もはや70日を使い切ったワシの失業保険は復活しなんと延長マックスの日数を加算してもらえたのだ!7月末で終わるはずのものが9月末まで延びた。大変な思いをされている方、店主の方には申し訳ないがこんな嬉しい事はない。
そんなこんなで新しいパソコンにも光が差し込んだ為早速購入Wwww

今回購入に選んだのは同じくMac BookAirの2020バージョン。
Mac Book Proとかなり悩んだのだが結局Airにした。しかし今回はカスタマイズ品を考えていたのでネットからApple Storeで注文。心配だったコロナの影響も思ったほどなく、納期は1〜2週間だった。ワシの予定日は7月27日。
macbookair1.jpg
↑この画面から変わることがなく26日までこの画面にモヤモヤしていたが請け負っているヤマトのページでは発送受付の部分に「海外」の文字が!え!外国からくんの!?って感じだったが元々海外生産しているのだから当たり前の事なのだ。
macbookair2.png
しばらくして更新された画面には「上海」の文字。そっか、そっちから来るのか、、、とちょっと色々心配で調べたら中国にいくつかあるAppleの工場でメインはこの上海工場だとわかった。iPhoneをメインに生産している工場だそうな。変に納得し後は到着を待つばかりとなったがせっかちなジジィは本当に27日に到着するかが心配でならない(笑)
ヤマトさんに電話するもちゃんとした答えは帰ってこず。。。しかし↑この画面は27日朝まで変わらずだったがいきなり持ち出しに切り替わり見事27日昼前にワシの元まで届けてくれた。さすがはクロネコ様じゃ!
macbookair3.jpg
半年ぶりの対面!よく来た、よく来たと囁きながら開封
macbookair4.jpg
今回カスタマイズした内容は以下のとおり
・第10世代1.2GHzクアッドコアIntel Corei7プロセッサ
・メモリ16GB
ストレージもと思ったがそうすると20万出してProのMAXを購入した方が全然良くなってしまうのでストレージは256のまま外付けで対応しようと決めた。それでも税抜き148000円になってしまった為Proとの差はたった3万程度になってしまった。ん〜これだったらいっそのことProにした方が良かったかなとちょっと思ってる。
しかし後悔はなく、やはりAirはいい!可愛いやつです。
こうしてワシの元に新しくやって来たパソコンでやっと更新の出来る様になっという訳です。

若者みたいになんでもスマホでチョチョイのチョ〜イ!と出来ないジジィはやはりパソコンがないとちょっとキツイのだ。
しかしMacも変わったなぁ、、ワシが初めて買ったMacは初代「iMac」ブラウン管の当時画期的だったオールインワンデスクトップだ。カラフルで発表と同時に予約したもんだ。ワシのMac熱烈伝は「G4」まで。その後はなかなかパソコンのと触れる機会もなく段々と疎遠になってしまった。今でも大好きな「iMac Blue Dalmatian」はとても良い状態で保管している。
Old iMac

<2020年MacBook Airは本当にいいマシン!>

Comments 0

There are no comments yet.